スポンサーサイト

    --/ --/ --
                     
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
                     
            

    1-4期プレオープン~1月講座(雪景色)

    2001/ 07/ 28
                     
    [秋の篭 行程-1] (用紙ラングトン、43cm x 33cm)神戸のTじい
    2010/01/29 (Fri) 19:42:31
    ****************************************************************
    10130kago.jpg

    「製作途中画像も付けた絵」として着手から完成までを投稿します。
    この絵は2月末のグループ展を目標に11月に下書きしたまま放置していた静物画なので、ここにアップすれば途中で投げ出せませんので皆様の声を励みに嬉しくも絵が一枚完成します。
    皆さんからのご指摘などがあれば織り込んで完成させたいのでコメントをお願いします。

     行程-1は下地の彩色をした段階です。
    ザクロは下に潜むベージュをローシェンナーで、篭は一番明るい色を下塗りした段階です。
    カリンの葉・紫水晶アケビとザクロの1つは完成に近い色に試し塗りしてます。
    光は左窓から自然間接光、天井から蛍光灯、彩色は下書き時に撮った写真と記憶を頼りに行ってます。

    画像撮影は大変で皆さんご存知の通り色調再現が難しく白い画用紙が青くなったり(笑)。
    今回は晴天時の直射光・間接光・間接光+フラッシュの3通りを試しました。
    その中で間接+フラッシュのものが紙の白再現も含めて一番良かったのでそれを採用し、画像処理ソフトで原画に近づくよう明度と色調を補正しました。

    またいつの日か写真を撮る時の色などの体験談も参考になるよう揚げましょう。
    明るいとフラッシュは自働発光しませんので強制発光の指示が必要です。また近いと真ん中が明るく写りますので1.5mほど離れて撮る必要があります。安物カメラは大変です(泣)。

    ------------
    [Re: 秋の篭 行程-1] (用紙ラングトン、43cm x 33cm)クニアキ
    2010/01/30 (Sat) 12:59:17

    柘榴の行程拝見、楽しみです。
    2月のグループ展も見に行きたいので、
    よかったら案内の掲示お願いします。

    **************************************
    [秋の籠 行程ー2]神戸のTじい
    2010/01/30 (Sat) 22:30:53
    **************************************
    10130kago2.jpg
    行程-2は本塗りです。使用した絵の具を記載しましたが単なる事例と考え参考程度にして下さい。色々な色の出し方がありますので。
    カリンは水少なめのオーレオリン主体、中央の濃黄はスカーレットレーキを極少混入、右端の緑黄気味の部分はサップグリーンを極少混入。ハイライトは筆による拭い取りで。

    アケビはパーマネントローズで下塗り、水で濡れてるうちにウルトラマリンにパーマネントローズの混色による紫を両端のピンクを残して滲ませる。 カリンの葉は、先に裏を塗り、乾いてから表を塗る。なお虫食い等の茶色は先に塗っておく。
    裏はオーレオリンと少しのペインズグレイで薄目の緑を作り、これにバーントシェンナーを少し混ぜた渋い緑。
     表はオーレオリンとインディゴで作る緑、一部バーントシェンナーを入れて渋くした緑。
    葉脈は着彩直後に楊枝の頭か細筆の尻で引っかくと現れる方法で入れた。

    アケビの中は、ウルトラマリンとバーントシェンナーで作るやや青っぽいグレイの濃淡。
    ザクロの実は、パーマネントローズにスカーレットレーキを少し入れた赤。しつこく無い程度の光点を残して。
    ザクロの皮はスカーレットレーキにカーマインを混ぜた赤。一部バーントシェンナーを加えて彩度を落とした。2回ほど塗り重ねた。乾く直前にバーントアンバーで汚れを入れた。実物はもっと真っ赤なザクロだったので仕上げで調整したい。

    篭、カリンとザクロの枝、ザクロの先端は次回に。枝の描写は大切です。
     
    余談
    今回のモチーフのカリン・ザクロ・紫アケビ・カリンの枝葉の4者をベストの状態で揃えるのは難しいです。特にアケビは持ちが短い。10月末になるとご近所の成っている4軒を日々巡回してタイミングよく揃いました。お陰で木登りは手馴れてきましたが。いずれも刺されると痛いイラガ毛虫の住処なので神経ぴりぴりで採取です。
    今年の秋も、いい実が自由に貰える様に1~2月は剪定サービスに忙しくなります。でもご近所に絵を描く人は居ませんので今のところ小生の独占です。しかも果樹剪定が趣味です。

    ------------
    [Re: 秋の籠 行程ー2]かわべっち
    2010/01/30 (Sat) 23:55:19
    流石Tじいさま。美しいく仕上がっていくのが楽しみです。
    この投稿の為にメモしておいてくださったのか、普段から意識されているのか解りませんが、何色と何色を混ぜたかを言えるなんて凄いです。

    いつも適当に使っている私は聞かれても答えられない。
    こんな風に描いてくださるととても勉強になります。
    絵を描くだけでなく、植物の手入れ、ご近所付き合いと下地もちゃんと作られてるのですね!
    おまけに木のぼりまでして体力もアップですね

    -----------
    [Re: 秋の籠 行程ー2]大阪講習会世話人
    2010/01/31 (Sun) 00:47:51
    実は今回の投稿は原稿だけ頂いて、こちらで投稿はしました。
    とにかくTじい様はお忙しいのです。(笑)
    来週はまたしばらくスキーで不在とのことです。

    ところで、かわべっちさん、
    着々とブログのほう準備進んでいますか?

    -------------
    [Re: 秋の籠 行程ー2]神戸のTじい
    2010/01/31 (Sun) 12:51:44
     大阪講習会世話人さま、
    お手数を掛けます。時間を見たら真夜中ですね。恐れ入ります。ありがとうございます。
    かわべっちさん、
     コメント有難うございます。
    使用絵の具は絵の直後に原稿を書きますのなんとか記憶に。怪しげになると試して確認します。
    でも記憶が不確かになる様な色は実際はどちらでも大して変わりませんが。葉裏の緑はペインズでもインディゴでも変わりません。それより入れる茶色の量が色調を左右します。

    かわべっちさんにこんなガチガチの絵を見てもらうのは恥ずかしい限りですが柔らかく描くコツを是非教えてください。

    *******************************************
    [ブログ] かわべっち
    2010/02/01 (Mon) 16:52:13
    *******************************************
    管理人さんに教えてもらいながら、何とかブログを形だけ作りました。
    今のところとってもシンプルなブログになってます。
    これからいろいろ又勉強して変えて行くことができるかどうかは解りませんが。。。。

    ただ過去の絵を貼り付けるだけで終わるかもぉ~・・・
    コメントとか入るのかどうかも解りません。
    どなたかコメント入れてください~。
    お願いします。

    ウイルスとか、悪戯とか、怖いので、今のところここの会員さんだけにオープンですので、パスワードはここと同じです。
    それにしても。。。。。気は紛れるけど、肩が凝る
    http://abogado921.blog117.fc2.com/

    ----------------
    [Re: ブログ]ミゲルおじさん
    2010/02/01 (Mon) 17:38:56

    ブログ開設おめでとうございます!!

    この掲示板でかわべっちさんの人柄があふれる素敵な画を拝見しブログのお披露目を今か今かと待っておりました。予想通りの素敵な画を有難うございます。
    多分まだお目にかかっていないかもしれませんが私にも筆をとるパワーをたくさんもらったような気がします。
    これからも素晴らしい画を描いてください、私も頑張って描いてみたいと思います。
    ---------------
    [Re: ブログ] 大阪講座世話人
    2010/02/01 (Mon) 17:50:13

    短い期間に本当によく作られたと思います。
    素敵なかわべっちさんのブログをみなさんもぜひ訪問して見てあげてください。
    水彩くらぶの「リンク」にも登録しましたので、そちらからも入れます。

    まだ作品は多くはありませんが、今まで保管されているものが たくさんあるようなのでこれからが楽しみです。
    また気づいたことがあったら、絵のことだけでなく何でもいってあげてください。(コメントに残してね。)

    --------------
    [Re: ブログ]クニアキ
    2010/02/01 (Mon) 21:02:35

    ブログ開設おめでとうございます。
    掲示される画、楽しみに又、参考にさせてもらって勉強します。 一大ファンより。

    -------------
    [Re: ブログ]june
    2010/02/03 (Wed) 13:39:07

    おぉーーっ、大分進んでますね。
    先ずここで個展を開いて、前進々・・・。

    ----------------
    [Re: ブログ]yoko
    2010/02/04 (Thu) 14:27:03

    またひとつ、「お気に入り」に登録のサイトが増えました。本当に素敵な絵ばかりで、圧倒されます。新しい絵が載るのを楽しみにしています。
    ----------------------------------------------------------------------
    [無題]かわべっち
    2010/02/02 (Tue) 11:03:20

    >皆さま
    できたてホヤホヤのブログ覗いてくださてありがとうございます。
    過去に描いた絵をボチボチアップしていきますので見てください。

    コメント返し、できるかまだ試してないのでもう少し待ってくださいね!
    今日は4、7日。
    朝9時半のお寺さんが来られたので、片づけるのに大わらわでした~。

    --------------
    [Re: 無題]羊飼い
    ]2010/02/02 (Tue) 16:58:04

    ブログ開設 おめとうございます。
    サバの煮付け、よだれがこぼれそうになりました。
    かわべっちさんの絵を見れるのはうれしいですが、
    絵を描くのと違い、パソコンを見ると目が疲れます。
    どうか、ぼ~ちぼ~ち~ブログ製作を続けてくださいね。

    -----------
    [ブログ開設 おめでとうございます]   ヨッシー
    2010/02/05 (Fri) 20:03:41

    かわべっちさんの作品  期待していた通りで 感激です!!!
    どれもやっぱりあったかい!!!
    私は初めて絵の世界に入ったのが 花の絵(ボタニカル風)だったので 細かいところまで忠実に・・・
    でも なかなか実物の様には描けなくて いつも悩んでばかりです。

    いちごもすばらしかったけれど 今回の玉ねぎもぼかしと 淡い色でこんなに 表現できるなんて すごいです。
    今までの描き方から 少し方向転換 してみようかなと思っている今の私には 本当にいいろいろと参考になります。
    これからの作品も楽しみデス。

    --------------
    [無題]かよっぴー
    2010/02/08 (Mon) 08:17:34

    川辺さん、ブログ開設おめでとう!
    「雨上がり」とても素敵です。すいつくように観続けました。
    私もこのように描けたらと思うだけで・・・。
    これからもドンドン描き続けてくださいね。

    *******************************
    [朝青龍] さくら
    2010/02/07 (Sun) 22:27:29
    *******************************
    1027sumo.jpg
    5日のドバイの新聞に朝青龍の写真が載っていたので、びっくりしました。きっと引退の記事かと思うのですが・・・
    日本語もこの頃思い出せない事があるのに、アラビア語等全く分かりませんが、右から書くんだそうです。

    **************************************************
    [秋の篭 行程-4、行程-5(完成)]神戸のTじい
    2010/02/09 (Tue) 07:24:15
    **************************************************
    1029kago45.jpg
    [秋の篭 行程-4]
     竹篭の彩色です。
     最初の下塗りに編みこんだ竹の色を重色していきました。
    (1) 初回の下塗りが薄かったので上辺を残してまずバーントシェンナーをもう一度全体に軽く塗り重ねて下塗りを手直しした。
    (2) それが乾いてから、縦の骨竹、各編み目の隙間、持ち手の側面をバーントアンバーとウルトラマリンで褐色気味の茶を作って着彩した。
    (3) それが乾いてから、横に編んだ竹と持ち手をバーントシェンナーに少しのウルトラマリン、それに更にサップグリーンを僅か入れて竹の色を整え彩色した。(2)と(3)
    は順を入れ替えてもよい。
    (4) それが乾いてから縦の骨竹の左右に出る陰をウルトラマリンを追加してグラデーションを入れながらかぶせて横竹の編み目に伴う湾曲を表した。
    (5) 竹篭全体が乾いてから最後に篭本体の右半分に陰を、ウルトラマリンとバーントアンバーでやや青めのグレイを作ってさっと一筆いれた。
    -------------------------------
    [ 秋の篭 行程-5 ]
    テーブルと背景です。
    (1) テーブルは、ウルトラマリンとパーマネントローズで作った赤紫にバーントアンバーを入れた赤褐色を色目を確かめて前もって必要量作っておく。
    (2) テーブル全体をしっかりウォッシュして上記の色を刷毛か太めの筆で置いていった。
    (3) 少し水分が引いた頃、水気を少し拭った筆で映り込み箇所を拭い取って映り込みを入れた。
    (4) バックは、ローシェンナーとインディゴで渋い緑を色目を確かめて必要量作っておく。
    (5) バック全体をしっかりウォッシュして上記の渋い緑を刷毛か太い筆で置いていった。細い枝は避けずにかぶせた。
    (6) 全体が乾いてからカリンやザクロの陰を青めの紫で入れた。ザクロの皮にスカーレットレーキとカーマインの濃い赤を一部かぶせ、カリンの葉はバックとの調和上最初と同じ緑を重色して濃いくした。

    反省  バックはローシェンナーを増やしてもう少しベージュっぽい色にしたかった。また全体にもう少し薄く爽やかにしたかった。
    -----------------------------------------------------------------------  
    [赤りんご合戦]に続く・・・

    ホームに戻る
    関連記事
    スポンサーサイト
                     

    コメント

            

            
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。