初心者向けハーフ講座(2時間で描く透明水彩画)~ワークショップ

    2012/ 12/ 27
                     
    2013年10月新設された5時間の「ゆったり学ぶ初級講座」が好評のため今後、この初心者向け講座はそちらの講座へと移行される予定です。

    ≪初心者向け講座について≫ ワークショップ 
    ならざき清春大阪水彩講座の本講座(5時間)に対して、こちらのコースは初めての方でも塗り絵にならず、ぼかしなどを使って本当に透明水彩らしい作品を2時間で描きあげる水彩講座です。ただし講座はレクチャーを含め2.5時間あります。初受講者優先

    ならざき講師の水彩画制作デモの見学風景
       
     ≪ 初心者以外の以下のような方にもおススメの水彩講座です。≫
    1)他の水彩教室で何年もやってきたけれどぼかし、にじみなどの水彩画の基本技法をつかった描き方がわからない。
    2)いろいろな絵の具のグリーンを買って草木、樹木を描いてもなにか 色に深みがなくて物足りない。
    混色の方法もわからない。
    3)塗っていると色がいつも濁ったり滲んだりして透明感を失い、きたなくなる。
    4)いつも静物を描いているが、背景(バック)でいつも失敗する。また風景画も描けるようになってスケッチにも行きたい。
    ----------------------------------------------------------

    講座風景4ss
     
      講師が解説を交えながら4~5回に分けてデモンストレーションを行う。同時に受講者も同じ水彩画題を制作していく。(ワークショップ形式)
      ※時間が水彩本講座の半分と短いため、後半はデモンストレーションが中心なる可能性もあります。

    「いきなり水彩本講座でやっていけるかなあ。」「とにかく塗り絵から卒業したい・・・。」と前回迷っておられた方はぜひどうぞ!

    また本講座(木・金曜クラス)の申込みはこの初心者向け講座と違って受講経験者、または近畿圏外の方が優先に受け付けられます。そのため未受講の方が本講座を希望されていくら早く申込まれていても残席がなければ席が回ってこないこともあります。本講座を希望される方も1度こちらで受講されておくというのもいいかもしれません。

    初心者向け講座の画題は本講座よりシンプルで、行程も短いですが使用する水彩技法レベルは本講座と同じです。
    そしていまさら聞きづらいと思われるような初歩的な質問(案外大事なポイントになることもあります)も、ここでは聞きやすいのでみんなのためにどんどん講師に質問してください。

    とにかくまず透明水彩らしい絵を描いてみたいという方にはぴったりの講座です、描いているうちに(雲、紅葉、桜、民家、樹木など)も入ってきます。
    ≪参考≫ 本講座の画題 2010年 7月
      前回の初心者向け講座の画題とよく似たイタリアの俯瞰構図です。サイズF4~F6 基本の水彩技法を随所に使って描かれています。受講時間 5時間(絵をクリックすれば拡大します。)
    IMG_0556.jpg(かわべっちさんの画題作品より)

    本講座についてはコチラのページをご覧ください。
    受講者の大阪講座体験談はコチラ
    投稿サイト「水彩くらぶ~大阪~」にも受講生の作品が多数掲載中!
    ならざき先生の個展案内はコチラ。
    ホームに戻る





      関連記事
      スポンサーサイト