[水彩くらぶ勉強会レポート/空気遠近法を遣って] 構図、配色、切り取りと議論は尽きない水彩課題。プロの筆遣いを飛び入り参加のベテラン一期生デモ

    2016/ 09/ 22
                     
    tomihiras.jpg
    ▲さらりと仕上げた課題Bサンプル作品の一部(神戸のTじいさま)
    教室レポート 
    9月16日第14回水彩くらぶ勉強会は難波市民学習センターで11時より始まりました。
    課題モチーフは3点。イタリア トスカーナ地方のピエンツァの町風景、日本の代表的な春の里山、安曇野の田植え前の水の映り込みも美しい田園風景。秋のスケッチツアーで訪れる北陸、加賀温泉郷にある鶴仙渓の少し雰囲気のある冬の風景。そして筆遣いの参考資料としての海外の透明水彩画家の作品画像。
    今回の勉強会のテーマは「空気遠近法を効果的に使う」。現在参加者の課題作品は「水彩くらぶ掲示板ギャラリー」にて掲載中

    課題Aは坂や建物などの処理で、配色、遠近法、また省略、追加など構成を自由に考えられる面白いモチーフ。透明水彩技法などはある程度習得した大阪水彩講座の本講座、初級講座生向きのモチーフにと用意。いろいろなグループが活発にデッサンの段階でも構図について討論していました。(このモチーフはならざき先生よりご提供いただきました。先生は28日より横浜ギャラリーダダにて個展

    yamashitas_201609221501008b3.jpg..nishidas.jpg
    ▲課題Aコントラストを効かせて人物も追加(羊飼いさん)▲グリーンも追加して中景に焦点を絞った(ジュンペイさん)・・・いずれも作品の一部拡大画像です。

    勉強会安曇野課題..2016-09s.jpg
    ▲課題B(楽しくぼかしを入れて・・参加者作品)▲(ルビーさん)中景を拡大描写、トラクターを追加
    課題Bは比較的シンプルで手数も少なく色の遠近法やぼかし練習をやるには最適なモチーフでした。どちらか言えば、まだ受講経験の少ない初級講座生や入門講座生に向きの課題です。

    チャレンジ課題Cはちょっと自分のイメージ力?を試したい方のためのモチーフ。これは世話役が一応家でじっくり考えてサンプル作品として描いていくことになっていましたが・・・。掲示板「水彩くらぶ」でも披露できなかったことをお知りになれば成功したかどうか推察していただけると思います・・・。難しかったです~。ハイ。でも、面白かったです!
    石段を川にしてしまえばいいと事前にならざき先生からアドバイスはいただいていましたが、やはりないものを想像して描くのは世話人の実力では無理でした。m(__)m

    課題Cs
    ▲課題C楽しく色で遊んだ・・・そうです。(参加者作品)

    他の参加者でもチャレンジされていた方はおられました。いろいろ失敗しながらも挑戦していると途中で何か得るものはあったのではないでしょうか。それに結構楽しいですよ。参加者のみなさんもぜひ一度挑戦してみてください。

    参考資料として海外の透明水彩画家David Taylorさんの作品を使ったのですが、この筆遣いが超技巧的!そちらのほうに興味を持たれた方も多く、ほとんどの方が画像をコピーされて持ち帰られました。これもぜひチャレンジの価値ありです。

    さて当日のスケジュールはまず、最初はサンプル作品として世話役4名の作品(お手本ではありません。失敗例もあります。)を展示して、気づいたことや迷ったことなどを発表して他の参加者の参考??にしていただきました。・・・のつもり。

    勉強会展示作品で意見交換
    ▲展示された作品を見ながらいろいろなグループで意見交換。

    午後からは、まだ受講回数の少ない方や入門講座の方に対して優しい神戸のT じいさまやルビーさんが個別でアドバイスや描き方をデモされていました。中級レベル以上の方は各自好きな課題の制作に入られました。

    勉強会デモ見学20160916
    ▲熱心に筆先を見入る参加者(かわべっちさんのデモ)

    そして途中から飛び入りで一期生のかわべっちさんが参加してくれ、なんとTaylorの作品をデモしてくれました~~!
    最近は主宰されてる水彩画教室が忙しくてなかなか大阪講座のほうも受講できないらしいですが、今回は合間を縫って助っ人に来てくれました。
    約30分ほどのデモンストレーションでしたがすごかったですよ。世話人も大きな見物人の輪の後ろからちょっと見ただけですが、さすがぼかしのコントロールは手慣れたもの。最後は拍手が起こりました。

    Taylor模写
    ▲30分ほどで仕上げた参考作品

    ありがとう~~!かわべっちさん。お疲れ様でした。m(__)m
    デモの後も巡回しながら優しくアドバイスされていました。
    1609162_201609222016095fa.jpg

    勉強会は最近何度かはならざき先生が福岡からボランティア参加してくださったる特別勉強会として個別の講評会などもやっていただき盛り上がっていました。しかし、自分たちだけの勉強会としては内容をどのようにするかということに悩んでいて、結果、要望があっても1年近く実施することができませんでした。
    今回は興味のあるテーマを決めてそれに見合った課題(モチーフ)が提供でき、おまけにテーマとは別にちょっと難解なチャレンジ課題をもうけたのもそれなりに面白かったように思います。
    そして先生から素敵なモチーフ画像の提供を受けたこともとてもうれしかったです。ありがとうございました。

    これから2017年秋の合同透明水彩画作品展に向けて水彩くらぶ勉強会でも強力にバックアップできるよう、面白いテーマをやっていき出品者を応援したいと持っています。少しでもいろいろなモチーフに出会えるように皆様にもぜひモチーフの提供よろしくお願いいたします。

    では次回の勉強会は10月に開催予定しています。どうぞお楽しみに。

    ----------------------------------------------------------------
    ★ならざき清春講師ホームページ facebook
       ~横浜個展情報2016~
     
    ★次回のならざき大阪水彩講座
      
    ▼画像掲示板「水彩くらぶ大阪BBS
    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村


    ホームに戻る

    関連記事
    スポンサーサイト
                     

    コメント