【水彩くらぶ勉強会レポート】点景人物に悪戦苦闘、コントラストの影の入れ方で議論白熱、、でも水彩談義はやっぱり楽しい!

    2016/ 10/ 23
                     
    10月の水彩くらぶ勉強会のテーマは「点景の人物を描く」でした。なんば会場で配布された実写の人物のサンプル写真をみんなで描きました。水彩大阪講座でのクラスにかかわらず、ベテランさんも初心者の方もこの時ばかりはみんな同じ小学生のお絵かきをしている子供のように楽しまれていました。

    点景人物勉強会3
    ▲課題Bの背景を描いている参加者
    教室レポート
    最初に前回同様3点の課題についての概要説明。そのあとテーマの担当者になって勉強することになった世話役の方がその成果を発表?してくれました。どうすれば自然な人らしく描くことができるか。最低押さえておくべきパースの基本は?坂道の時は?子供はどう描くの?など次々出る質問。今回は教室移動もしなくてはいけないのでいつものようにテーブルを動かさずスクール形式でしたが、質問にも答えながら、とてもわかりやすく資料もそろえて説明していただきました。(拍手)。
    点景人物勉強会5

    簡単なポイントを押さえれば結構それらしくかけるんですねえ。なかなかおもしろかったです。世話役さん、感心しました。ありがとうございました。m(__)m

    さてそのあとはみんな配布されたサンプル画像から好きな写真を選んで鉛筆で様々なポースを練習。これもみんな真剣でしたねえ。子供やお母さんの写真が人気ありました。写真提供者に感謝!
    点景人物勉強会15.人物点描立ち話c


    着彩はアトリエに移動してからされた方が多かったですが、すぐに課題の写真に人物を入れられた方や、チャレンジ課題に取り組まれている方、前回の課題作品を家で描いてきてそれをみんなに見せて意見を聞かれてる方。ほんといろいろでした。
    中には背景のぼかしができないと、特別世話役で参加していただいたくにあきさんにアドバイスをうけていたかたもおられました。そこで使用している水彩紙や筆の種類、また絵の具の溶かし方などの問題も発見、指摘されていました。しばらくぼかしばかり練習されていましたが、最後はとてもうまくなられていましたね。
    点景人物勉強会7

    まだ受講回数の少ない方は神戸のTじいさまやルビーさんがやさしく巡回しながら色の出し方などアドバイスされていました。
    本講座レベルの方は構図やコントラストの入れ方などつっこんだ議論も交わされていてこれも面白かったです。
    点景人物勉強会11

    最後まで皆さん本当に熱心でした。水彩くらぶ勉強会はいくらテーマが決まっていてもそれにとらわれることなく自分の好きなように課題も使っていただければいいので、今回はそれがみなさんに浸透してきたように感じました。
    最後にくにあきさ~ん、素敵な作品たくさん見せていただきありがとうございました。
    現在水彩くらぶの掲示板に参加者の方が作品を投稿されてきています。他の方もぜひ出来上がったら遅くなってもよいので披露してみてくださいね。 → 水彩くらぶ掲示板
    点景人物勉強会
    ▲素敵な作品やサンプル作品も並びとても参考になりました。

    終わってからのお茶会では早速次回のテーマの意見も出ていましたが、年内はこれが最終になりますので、次回は1月くらいに開催できると思います。テーマの担当者になると、結構そのために一生懸命に勉強するのでしんどいですが自分のためになると今回の担当の羊飼いさんが申しておりました。なので、やらせて~~という方はこちらまでご連絡ください。


    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ★スケッチ会、スケッチ旅行関連情報
    デモと講座風景2
    ★水彩くらぶ(大阪講座生の会)の水彩画勉強会のスケジュール予定

    ★ならざき清春講師ホームページ facebook

    ★水彩くらぶ作品展関連情報
    ★水彩画の投稿作品多数掲載中「水彩くらぶ~大阪~」をクリックしてください。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村

    ホームに戻る
    >
    関連記事
    スポンサーサイト
                     

    コメント