透明水彩画技法の「ぼかし」を赤りんごで。最後は水面の映り込みの影が・・・ 

    1999/ 01/ 01
                     
    第1回ならざき清春大阪水彩講座は2005年11月、新大阪 ココプラザの会場でネット応募の18名でスタート。

    最初の大阪水彩教室はレベルで初心者クラスと経験者クラスに分かれていました。(自己申告)
         (※現在の大阪水彩講座は水彩本講座2日とゆったり学ぶ初級講座2日そして水彩入門講座の3コース、5日制)
    私は初心者クラスでひたすら課題の「赤りんご」を描いていました。

    講座風景


    透明水彩画技法のぼかしの練習で黄色にぬったりんごに赤を入れていきます。(ウェットオンウェット)
    Yさんは初めての赤りんごにとても感動したといっていましたが、
    私は(赤りんごなんてもう描きたくないなあ。。)状態。最後は失敗してピンクのりんご。

    りんご.


    ならざき先生はときどきみんなを集めてナスや玉ねぎをいろいろな水彩技法を交えながら描いていかれました。
    みんなは出来上がるたびに「おーー!」と歓声をあげていました。

    先生の描かれる「静物画」がとてもすきで、描かれるところが見学できるならという
    不純な動機で受講した私としてはもともと水彩技法にあまり興味はありませんでした。

    後半は赤りんごよりましかと経験クラスに編入。
    ここは各自ならざき先生の持ってこられた水彩画作品集(はがき)の中から好きな絵を模写します。

    第1回目模写.


    木の向こう側の光がとても暖かくてこの作品を選びました。
    でも一人ひとりにならざき先生が説明されるのはほとんど不可能で、私は最初に「空を水たっぷりの絵の具で地平線まで描きなさい」と言われ結局最後までそれで描きました。
    言い訳すれば、私はここまで下手ではありません。
    きっと「ウォッシュ」の向こうには何かあるんだろうと思いひたすら塗り続けただけです。

    (もうやめよう。。。)と思いながら家路につきました。
    ---------------------------------------------------------
    第2回ならざき清春大阪水彩講座2006年4月

    5ヶ月後に同じく新大阪会場ココプラザで水彩画初心者と経験クラスの編成で開催。
    ただし経験クラスは現在と同じようにならざき先生のデモンストレーションを見学後、各自席に戻って同じ画題を制作するというワークショップ形式になっていました。

    私は「次回はグリーンの混色」というタイトルにつられ、結局経験クラスで受講。

    第2回目.


    ならざき先生が初めて筆で稜線を入れられた時、2色の絵の具がきらきら混ざりながら広がっていくのを見たときは、思わず声をもらしてしまったくらい感動。
    本当に美しかった。。。

    そのあと席に戻って喜んで描いた山は。。。
    。。。結構いい感じ~♪

    しかし喜んだのはここまで。

    その美しい山は、ふもとの木をぼかすため入れた水でにじんで、無残にくずれてしまいました。
    田んぼの畦の線も無神経に太くにじんでしまいました。。。。

    最後、水面の映り込みの影を入れている時、そばを通られた先生が私の絵をちらと見て
    「右利きの人はどうしても、線が右下がりになるんですよねえ。」といって去っていかれました。

    (ええーーーー! 描く前に言ってほしかった。。。)(涙)

    (もうホントに今度こそやめよう。。。)と思いながら帰りました。

    しかしそのあとも結局毎回受講。
    やはり教室で初めて山の稜線を入れられた時のきらきらした色が忘れられなかったんだと思います。
    デモのときはパレットに残っている素敵な色を見るのも好きでした。

    いつか私もあんなきらきらした美しい色を自分でも入れてみたい。。。
    その思いだけでここまで来た気がします。

    【2005年11月初受講 ジュンペイ】
    ---------------------------------------------------------
    関連記事:
    ★船の映り込み・桜の描き方~混色で次々と美しいグレー(中間色)が・・大阪水彩講座報告
    ★水彩技法のにじみ/講師のデモンストレーションの見学と実習
    ★水彩技法「ぼかし」に憧れて~記念すべき初受講のならざき大阪講座第20回生

    会員活動(勉強会・スケッチ会)
    ならざき講師情報
    投稿サイト「水彩くらぶ~大阪~」http://suisaiosakakoza.bbs.fc2.com/
    ホームに戻る





      関連記事
      スポンサーサイト