【受講生募集要領】2017年第40回ならざき大阪水彩講座受付 透明水彩ゆったり学ぶ初級講座、本講座(金土曜の2コース、4日程) 難波教室、新大阪教室

    2016/ 11/ 01
                     
    2017年 第40回 ならざき清春大阪水彩講座(水彩ワークショップ ) 

    マスキングコスモス2

    1)開催日時と講習会場    2017年
     □ゆったり学ぶ初級講座水彩技法を学びながら様々なモチーフで練習し、応用力を付けたい方向き。(受講歴3~15回の方が大半 初回の方も10%程度 本講座と並行受講の方が10%くらい)
      ●6/16(金)10:00-15:00(新大阪ココプラザ)
      ●6/17(土)10:00-15:00(難波市民学習 センター)  

     □本講座絵画としての構成やイメージ力を養っていき自分流の絵を目指したい方向き(受講歴3~6年 7年以上の方も多い)
     ●6/30(金)10:15-15:15(新大阪ココプラザ美術工房 ) 
      ●7/01(土)
    10:00-15:00(難波市民学習センター アトリエ )

    「本講座」?、「初級講座」?、「入門講座」?どのコースにするか迷っている方はココ
        (講習会会場の場所、地図はコチラでも確認できます。)
    受講後の「水彩くらぶ勉強会」の予定はコチラ

    2)申込み受付開始日時 
     2017年5月14日(日) 9:00より配信メールまたは  申込みフォーム にて
    今回は通常の「入門講座」が設定できず申し訳ありません。いつも入門講座の方は「ゆったり学ぶ初級講座」で受講お願いします。 


    ■会員ではないけれど大阪講座を一度受講したい。手続きはどうすればいいの?ご案内はこちら
     
    3)講座内容
     講師が課題写真(モチーフ)から絵に仕上げるまでをデモンストレーション見学 しながら、受講生も同じ絵を制作していく。
    水彩画ワークショップ 形式
    本講座風景
    ▲デモンストレーションの見学
    大阪講座の教室レポートはコチラ 
    デッサン説明コスモス
    ▲講座開始前に下描きのデッサンについて注意点の解説
    ==ただ今春の信州スケッチツアー「日本の原風景を描く旅」のレポート掲載中!!==

    ◆◇◆◇◆◇過去の大阪講座の主な画題テーマ(現地スケッチ含む)◇◆◇◆◇◆

    ’17 第39回  2月 3月
     A)本講座 少し波立つ水面の映り込み
     B)ゆったり学ぶ初級講座  ほぼモノクロ―ムの雪景色を美しい彩りの絵にする
     C)水彩入門講座 1面に菜の花の広がる丘陵地帯の春の情景
    画題作品の詳細はこちら

    ’16 第38回  11月 12月
     A)本講座 渓流をネガティブペインティングで描く 岩、しぶきの描写
    1_2016122407242883b.jpg
    ▲本講座受講ミツジさん作品
     B)初級講座 雨の田舎の踏切のなかに人物をいれて情感のある風景に仕上げる 遠景のぼかしの処理法
    2_20161224072627738.jpg
    ▲初級講座受講かわべっちさん作品
     C)入門講座 冬風景 モノクロな雪景色に彩りを加え雪を降らせる 
    3_201612240728009b4.jpg
    ▲入門講座受講羊飼いさん作品
    ’16 第37回  7月 8月
     A)本講座  複雑な建物の処理(省略) 風景の中の車、看板などの効果的な使い方
     B)初級講座 繊細なコスモスの自然な描写 遠景から中景の丘陵地帯の遠近描写 
     C)入門講座 「四季を描く~秋の風景」
       混色で秋のグリーンから紅葉色をぼかしでつないでいく

    ’16 第36回  2016年 4月 5月  
     A)本講座 中景の民家の処理と前景の広範囲の藪をシュールに表現
     B)初級講座 遠景とれんげ畑をぼかしで繋げながら少し幻想的な雰囲気に仕上げる
     C)入門講座 「四季を描く~春の風景」
        混色で春のグリーンの作り方と基本技法 ネイティブペインティング

    さらに過去の画題テーマについては「入会案内&今までの画題の主要テーマ」      
    4)受講申込み方法 
      受付初日 9:00に大阪講座専用アドレスから届くメールに記載されている入力フォームに記入して申し込んでください。
      または携帯で受信の方はお知らせメールに返信して申し込んでください。会員のみお知らせメール配信します。
       【複数受講の申し込み法】
        本講座と初級講座のW(ダブル)受講 ○
        初級講座と入門講座のW受講 ○
      ※会員登録していない一般の方はまず入会登録を済ませてください。文末説明
      ※会員さんのご紹介者の受講は直接世話人までご連絡ください。

    5)持ち物
      水彩道具一式
      下描きした水彩紙(なるべく水張りしたもの。またはブロック紙)
      ためし塗り用水彩紙
      画題画像を印刷したもの
      筆記用具
      お弁当
      (カメラ)
      (先生の画集を持ってこられた方にはサインされます。)
     
     初参加の方必読ページはコチラ
      水彩道具はお持ちのもので原則結構です。
      3回くらい受講されて必要なものがわかってきたら周りの方や講師のおススメのものを少しずつ揃えていかれる方が多いです。
      ただ混色のための絵具の名前を言われるので、少し揃えておかれるほうがわかりやすいです。

     (水張り板やおススメの絵の具は水彩くらぶの勉強会でお分けできることもあります。勉強会申込み時に併記。)  水彩紙は本講座ではF6~F5サイズ、初級講座、入門講座はF4~F5サイズに指定されることが多いです。 ただし変更になることもありますので、その都度画題で講師の説明をみてご確認ください。
     (水彩くらぶ(大阪講座生の会)の水彩画勉強会についてはコチラを。)
      
    6)申し込みから当日までのスケジュール
       申込み受付当日9:00に送信される「受付開始します」のメールを受け取り、記載されているフォームまたは返信メールで申込
       ↓
      当日夕方ころ「受講決定と申し込み金のご案内」のお知らせを受信(受信者は受講決定日に間違いがないか確認する。)
       ↓
      申込金を1週間以内にメールで指定された口座に振り込む
       ↓
      大阪講座から振り込み完了のお知らせを数日内に受信(これを受信されたら正式に受付完了となります。)
       ↓
      講座開催の7~10日前に画題のリンク先のお知らせメールが届く。
       ↓
      画像を印刷して(モチーフ)の下描きを家でする。会場では着彩から始める。
       ↓
      当日、受付で残金を支払う。
        ※受付は30分前からしているので初めての方は時間に余裕を持ってお越しください。

    ならざき講師のワークショップ教室

    ■■初めて受講を希望される方■■ 
    問い合わせフォーム
    本講座風景2

    会員の方はわからないことがありましたら講座入会案内またはメールなどでお気軽に世話人またはならざき先生までお尋ねください。
    また「水彩くらぶ勉強会」ではアドバイザーとして先輩の世話役の方々もたくさんおられますので是非そちらもご参加ください。

    【補足】
    ※満席後はキャンセル待ちとして受付。 
    受付初日9:00~11:00のみ「初級講座」「水彩入門講座」は初参加、受講回数の少ない方を優先して受け付けます。
    ※「本講座と初級講座」または「初級講座と入門講座」などのダブル受講(トリプル受講も)は可能です。ただし特に優先順位を明記されていないときは本講座または初級講座を優先して受け付けます。(席に余裕があるときは講座の連続受講も受け付けます。)
    ※受付日当日不在の方で申し込みフォームからの申し込みができないかたは事前にこちらにご相  
    ※講師の制作行程の写真撮影できます。(スマホ、携帯などの動画は不可)
       (水彩くらぶ勉強会についてはコチラをご覧ください。)

    ■大阪講座への入会(配信)登録(無料)は→入会フォーム    
    【ご注意】必ずご本人の意思確認ができることが原則になっています。受講者本人と直接電話連絡が取れない場合は、受講をお引き受け出来ません。



    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

    ★スケッチ会、スケッチ旅行関連情報
    バスの中s
    ▲2016年秋のスケッチツアーレポート

    ★水彩くらぶ勉強会のスケジュール予定
    ★ならざき清春講師ホームページ facebook

    ★水彩くらぶ大阪展関連情報
    ★水彩画の投稿作品多数掲載中「水彩くらぶ~大阪~」をクリックしてください。


    にほんブログ村
    ホームに戻る
    >
    関連記事
    スポンサーサイト