スポンサーサイト

    --/ --/ --
                     
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
                     
            

    水彩静物画の背景(バック)~柔らかな布の描き方~ メイキング

    2007/ 07/ 25
                     
    ならざき清春大阪水彩講座「水彩くらぶ~大阪~掲示板」からの抜粋記事です。(2010年2月ー3月)静物画にとって背景とは・・。下描きから背景着彩の制作過程のメイキング。
    そして受講生が感銘したならざき先生の貴重な一言とは?

    水彩画像比較「静物画の描き方~花と背景」背景(バック)の入れ方によってこんなに絵の印象が違って見えます。こちらもぜひご覧ください。

    水彩くらぶの掲示板に大阪水彩講座前のある日、こんな投稿が・・・。
    ==================================
    「3月の・・」  Mr X    2011/02/23 (Wed) 11:26:17
    1.jpg
    大阪水彩講座の画題に挑戦!
    --------------------------------
    「下描き」Mr. X  2011/02/23 (Wed) 11:44:44
    2.jpg
    布の目の下描きにやっかいしてます。頑張れ。
    ペンシル(ホルダー)はスッテッドラー社の物で、上端のキャップが芯削りになっているというスグレ物。
    話人
    「3月の画題、下絵完成~!」 Mr. X 2011/02/23 (Wed) 14:28:51
    3.jpg
    下絵がどうにか上がりました。これから着彩に入ります。
    -----------------------------------------
    「3月の大阪講座に挑戦 2」Mr. X 2011/02/26 (Sat) 20:06:48
    4.jpg
    布の地色をファーストウオッシュ!。
    ここからストライプを描き入れます。
    ---------------------------------------
    「3月の大阪講座画題に挑戦2」Mr. X  2011/02/26 (Sat) 20:15:18
    5.jpg
    ストライプのトーンを変化させながら着彩。
    雰囲気が出てきました。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~
    ならざき清春先生(Mr.X)のお忍びの予習講座でした!!!

    さて今回の画題の下絵は結構時間がかかるので、早めにしておいた方がいいと、かわべっちさんからのアドバイス。 みなさん、早めにしておきましょう。 ~水彩くらぶ世話人

    以下は受講後の受講生の課題作品の投稿です。
    ---------------------------------------
    「第18回大阪水彩講座の課題 その1」かわべっち 2011/03/05 (Sat) 00:12:13
    6.jpg

    今回は刷毛で綺麗な水を塗っては色をぼかすと言う作業を仕上げ前に何度も重ねました。
    普段なら白い縞は汚さないようにしてしまう私ですが、塗り重ねる事によって縞の境
    界線が曖昧になり、布の柔らかさを表現できる事を学びました。
    グラデーションをする前に時間切れで終わってしまいました。
    忘れないうちに続きを夜中に仕上げました。
    ---------------------------------------------
    「「水彩での柔らかな布の表現」第18回ならざき清春大阪講座画題 その2」羊飼い 2011/03/06 (Sun) 16:22:29
    7.jpg
    講座にて:
    パンジーの暗い色を着色後
    先生  「ちょっと濃いね~。
    羊飼い 「はい。 どうしましょう?」
    先生  「そのままでいいです。」
    羊飼い 「はい。」(泥沼に入ったか~)

    イチゴを着色後
    先生  「ちょっと濁らせたね。」
    羊飼い 「はい。 どうしましょう?」
    先生  「洗いなさい。
    羊飼い 「はい。」(泥沼の深みに~)
    洗濯は成功! 
    vvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvvv
    布の表現は難しかったですが、先生のご指導のお陰で
    なんとか出来ました。  バンザイ!

    ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
    ▼3月3日(木)4日(金)に開催されたならざき清春先生大阪3月講座での画題はいつもの「風景画」ではなく、「静物画」でした。
    そのため受講生の方のお便りも少し違ったものが寄せられました。
    いくつか抜粋してご紹介させていただきます。~水彩くらぶ世話人
    ==============================================================

    1)ならざき先生:「よく静物画で、『最後の背景で失敗した~』という人がいるがそれは違う。
    背景までを最初に計画しておいて始めないから、その人はすでに最初の描き始めた時点で失敗に向かって走っているんだ。」

    この言葉は重いです! 

    な~るほど!って。  今後静物画を描くときの参考に大いになりました。

    2)楢崎先生のデモならびにジョークと盛り沢山の内容であっという間の5時間でし
    た。 寒い一日でしたが、混色のレシピ、またこんな筆使いとか色々と勉強になり、あたたかい春の様な気持ちで帰途に着きました。

    3)以前から先生の布の表現のすばらしさに憧れていましたから
    どうしたら先生の絵のように 「薄布が揺れるように」描けるのかと思っていました。

    今回「秘伝のテクニック」を教えていただき感激でした。
    先生は人の肌とか人物の衣服にも応用できると仰っていた・・

    4)何回も濡らしては重ねる方法が やっと 少し解りかけたように思います。
    静物画は 本当に日々の身近な材料で練習できるので
    これを機会に 少しずつ挑戦していこうかなと思いました。

    風景画だけでなく いろんな題材を経験できるのは 絵の幅が広がって楽しいですし
    毎日の生活でも いろんなものを興味持って見るのでワクワクします。

    5)・・今ちょっと行き詰まっているのでヒントを得て帰ることができました。先生のギャグには参りましたが、合間に繰り出される秘伝の技術には目を見張りました。
    毒舌でありながら皆が技術を習得出来るように初心者にも配慮される優しさも持ち合わせておられ先生の魅力にもはまりました。

    6)毎回新しい発見があり楽しみにしています。 今回、背景から描くと言うのも意外でした。

    ▼ここでちょっと新人さんの紹介~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    お知らせ用ブログにて掲載。(作品はsaoriさん提供)
    8.jpg

    水彩は中学生の時の美術の時間以来という超初心者での参加でした。
    「水彩くらぶ」の作品を見ていてじぶんでも描きたくなったのが参加動機。ときどき学生に間違えられる笑顔が素敵な新人さんです。
    作品は3月講座の画題作品。
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    ▼ではお便り紹介の続き・・・

    7)前々から、先生の風景も好きですが、静物にウオッシュをどのように使われるのかとても興味がありました。
    ・・今回の消しゴム、早速以前に描きました人物に使ってみました。
    おもしろいです。(歓心、ニンヤリ)です。

    8)・・最初は風景画が描けるのと思って申し込んだのにそうでなくて少し残念に思っていたのですが、
    これはこれでよかったし、先生のHPの他の布の表現の作品の模写をしてみようかと思うくらい、絵を描く楽しみ(描こうとする意欲をかきたてられる喜び?)を満喫できました。

    9)静物画でも背景から描くことが、私にはびっくりでした。
    今までずっと中心のものを描いてから背景を適当に色を決めて塗るという感じでした。
    これからは、背景を大切に考えていきたいです。

    先生の静物画を間近で見ることができたのも、感激でした。

    ブログランキング・にほんブログ村へ
    にほんブログ村
    ==============================================================

    関連記事
    「静物画の描き方~花と背景」
    「静物を描く会/布の表現」2012.10.20

    ★ならざき清春大阪水彩合同展★ 出品者受付中
    展示作品s講評会風景c2013-05-24 041s
         ◇--------------------------------------------◇
            期間:2014年10月24日(金)-29日(水)
            会場:ナルミヤ戎橋画廊 全館(1~4会場)
          ◇ならざき清春透明水彩画展(仮称)3F
             ◇ならざき大阪水彩講座展 2-3F
                  大阪市中央区道頓堀1-9-3(戎橋南詰)
         ◇--------------------------------------------◇


    ホームに戻る





      関連記事
      スポンサーサイト
                       

      コメント

              

      No title
      このサイトを偶然見つけました。
      水彩画教室ってやっぱり良いですね。
      アドバイスいただけるって大切です。
      承認待ちコメント
      このコメントは管理者の承認待ちです
              
      上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。