【水彩くらぶ勉強会レポート】点景人物に悪戦苦闘、コントラストの影の入れ方で議論白熱、、でも水彩談義はやっぱり楽しい!

    2016/10/23

    10月の水彩くらぶ勉強会のテーマは「点景の人物を描く」でした。なんば会場で配布された実写の人物のサンプル写真をみんなで描きました。水彩大阪講座でのクラスにかかわらず、ベテランさんも初心者の方もこの時ばかりはみんな同じ小学生のお絵かきをしている子供のように楽しまれていました。▲課題Bの背景を描いている参加者教室レポート最初に前回同様3点の課題についての概要説明。そのあとテーマの担当者になって勉強すること...

           

    【募集 10月水彩くらぶ勉強会】テーマ:風景の中の人物~点景から表情のある人物まで 描写法とパース的な基礎知識を学習

    2016/10/06

    【応募受付】第15回水彩くらぶ勉強会を難波市民学習センター(第2研修室、アトリエ教室)で行います。今回は風景の中の人物に挑戦です。風景の中に人物がほしいときありますよね。人物画ではなく点景の時の描き方は違います。レベル的には本講座、初級講座、入門講座の全コースの方、初心者の方でも参加可能です。来年の水彩くらぶ作品展に出品される方は特に大いにこの機会を利用してください。ちょっと作品の幅が広がると思います...

           

    [水彩くらぶ勉強会レポート/空気遠近法を遣って] 構図、配色、切り取りと議論は尽きない水彩課題。プロの筆遣いを飛び入り参加のベテラン一期生デモ

    2016/09/22

    ▲さらりと仕上げた課題Bサンプル作品の一部(神戸のTじいさま)教室レポート 9月16日第14回水彩くらぶ勉強会は難波市民学習センターで11時より始まりました。課題モチーフは3点。イタリア トスカーナ地方のピエンツァの町風景、日本の代表的な春の里山、安曇野の田植え前の水の映り込みも美しい田園風景。秋のスケッチツアーで訪れる北陸、加賀温泉郷にある鶴仙渓の少し雰囲気のある冬の風景。そして筆遣いの参考資料としての海...

           

    【募集 9月水彩くらぶ勉強会】テーマ課題:空気遠近法を効果的に使おう 難波市民学習センター

    2016/08/30

    ~~視線の向こうに・・トスカーナの町の広がりが~~9月開催の水彩くらぶ勉強会(ならざき大阪水彩講座生の水彩画サークル主催)を以下のように申込受付いたします。教室は難波市民学習センターですがいつもの「アトリエ」から「第2研修室」に変わっているのでご注意ください。大阪講座の3コースの区別はなく会員の方ならだれでも参加できます。透明水彩技法にまだなれていない水彩入門クラスや初級クラスの大阪講座会員の方もサ...

           

    【福岡からならざき講師参加の特別勉強会レポート】水彩モチーフ料理法 食材は「ブルージュの光」「礼文の影」

    2015/12/23

    教室レポート2015年最後を締めくくる水彩くらぶ勉強会(大阪講座生の自主水彩勉強会)はならざき清春先生が福岡から講師で参加してくださる(ボランティア参加)Special 勉強会になりました。新大阪ココプラザ会場で28名の参加。12/17 事前に勉強会用に参加者に送付した水彩画課題用画像は2点。画像をもとに自宅で制作してきた作品をまずは会場で展示披露。(希望者のみ)写真画像をどのように解釈して「自分の絵」にするか...